令和の時代に万葉集発燿の地である桜井のまちを再び輝かせたい!
令和の時代に万葉集発燿の地である桜井のまちを再び輝かせたい!
令和の時代に万葉集発燿の地である桜井のまちを再び輝かせたい!

令和元年10月1日から開始されたふるさと納税の仕組みを使った、ガバメントクラウドファンディング®*(以下GCF)は多くの方のご協力を得て達成率が85%を越えて達成まであと少しとなりました。

令和の時代に万葉集発燿の地である桜井のまちを再び輝かせたい!」を合言葉に桜井市の玄関口である桜井駅前にデジタルサイネージ看板の設置や木製ベンチ、木製表示版の設置、マルシェ等の開催を実現するためのプロジェクトです。ふるさと納税のお礼の品は、「桜井万葉歌碑の原書図録集 寄付金(ふるさと納税):10,000円」と「蔵の宿櫻林亭宿泊優待割引チケット 寄付金(ふるさと納税):30,000円」の2種類です。

締め切りは残り1週間を切った令和元年12月31日です。ご協力よろしくお願い致します!!

GCFに協力する

 

概要

◆プロジェクト名: 令和の時代に万葉集発燿の地である桜井のまちを再び輝かせたい!
◆サイト運営会社: 株式会社トラストバンク
◆募集額: 200万円
◆期間:2019年10月1日~2019年12月31日(92日間)
◆寄附金の使い道:デジタルサイネージ看板の設置や木製ベンチ、木製表示版の設置、マルシェ等の開催
◆SDGs:11.住み続けられるまちづくりを
◆プロジェクトURL:https://www.furusato-tax.jp/gcf/628
(注)募集期間は、延長の場合がございます。

お礼の品はこちら

1.桜井万葉歌碑の原書図録集

桜井市内にある万葉歌碑の原書図録。昭和の著名人川端康成、宗像志功など数十名が万葉歌を揮毫した原書を掲載しています。

なお、万葉歌碑は万葉集の発燿の地として昭和40年代に桜井出身の保田與重郎氏が当時の文壇や文化人に揮毫を依頼し作成され、市内の名所、名刹の路傍に鎮座しています。

寄付金(ふるさと納税):10,000円

2.蔵の宿櫻林亭宿泊優待割引チケット

一日一組、蔵の宿櫻林亭の優待2割引のチケットを進呈

寄付金(ふるさと納税):30,000円

蔵の宿櫻林亭

 

GCFに協力する

 

【注意事項】

※このプロジェクトへのご寄附は、ふるさと納税制度の対象となります。
そのため、桜井市にお住まいの方は、ご寄附をいただくことは可能ですが、お礼の品をお送りすることができません。何卒ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 1 =